2010年06月07日

まさかのiPad購入

先週金曜にヨドバシAkibaで突発的に予約。
別用で寄ったらデモをやっていたんでいじっていたら、いいかも、、と思い始め…。

入荷案内の連絡はヨドバシからくれることはなく、自分で日々ヨドバシのホームページをチェック。
自分の予約グループ(?)と受け取り開始日時を見て来いってな感じ。

しかも、予約開始の日を含めて3日以内に来なかったら自動キャンセルになると、全般的に強きな体制。


で、翌土曜に確認すると何と日曜にもう順番が回ってくるとなっていた!
予約時に「だいたいどのくらいで買えるもんですか?」と問うと「んー、わかりませんね」とのつれない返答、、。
勝手に数週間〜ひと月以上は順番来ないよなー。その間に気が変わったらキャンセルすりゃいいしなーと思っていただけにまさに急展開。

買ったのは「WiFi+3G 64G」モデル。
予約の仮登録の際にだいたいのことは進めていたので受け取りの際に残りの部分で本手続きを済ませ購入。

自宅に無線LAN環境が無い人の為の「FON」の無線ルータがついてきた。



さて、自宅に帰ってまずは「iTunes」に同期…と、ここで重大なミスを犯してしまった。

iPod Touchで購入済みのAppがあるなどの関係で同期作業は2時間近くかかった。
ようやく完了してまずはネットだな、とSafariを立ち上げると「ネットワークに接続されていません」と。

改めて受け取りの際にもらった初期設定の紙を確認してみると、「ご自宅での通信機能ロック解除方法」の裏面にでかでかと「※重要※ 必ずご確認ください」とあり、そこに

「PCとの接続前に必ずMicroUSIMカードを挿入してください。」

の注意書きが。
そうそう、SIMカードはMacに繋いでから挿さっていない旨の警告が出て始めて入れたのでどうやら順番が違っていたらしい。
一応、上にはSoftBank 3Gとアンテナマークが立っていたから大丈夫と思っていたのだが、、。

で、その設定をやり直す方法はとサポートに電話しようかと思うもすでにサポート時間を過ぎていたのでネットで対処法を検索。
どなたかのブログにて「設定>リセット>全てのコンテンツと設定を消去」でもう一度やり直すべしとことで再び2時間近くを要してようやくネットに繋がった!
(実際には先にiTunes側で行った設定を「復元」させたので最初より早く完了)

で、使用感は思ったよりいい!
これまで使ってきたiPod touchがおもちゃのように見えてしまう貫禄と、MacBookより気軽にさくさくネット等々できてしまうこの環境はとっても気持ちいい!


ある程度さわった後、WiFiの設定も終えてみたがなんだかこちらはあまり繋がりが良くないようだ。
なんだかうまく認識してくれない、というか設定状況を見ると認識していて、最初は繋がっていてもすぐ切れてしまったり、ブラウジング中に再接続を催促されたり。

こちらもネットで調べてみるとどうやらこういった不具合が確認されているようだ。
この不具合も早いところ解消されて欲しい。
posted by NOM at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

Mac G4 MDDとの別れ、、

先週のとある日の朝、G4 MDDの電源を入れようとしたらうんともすんとも言わない、、。

これって3,4年前に起きた症状再びだった上、最近、会社のG4 QuickSilverでも1台同じ症状に見舞われたこともあって、なんだかすごく冷静に「とうとうか…」と。

また電源BOXが逝ってしまったようだ。

さて、どうしたものか。
再び、電源ボックスを取り寄せて再起を図るか否か…。


幸い、1年前に購入したMacBookをメインとする作業、iTunes、DTP系アプリの移行と整備は終えていたのでさほどの問題はないが、まだまだ需要のあるクラシック環境でのDTP業務には差し支える。

とはいえクラシック環境のメイン機は実家側にあるQuikcSilverだから、自室で作業ができないという不便を除けばどうということはない。


ということで、これを機にOS9とともにMDDと決別することにした。

思えばクラッシック環境の単独起動ができる同機の生産終了がアナウンスされて駆け込み購入してから5年ほどだが、何かと問題の多いマシンだった。
騒音、メモリの不具合、DVDドライブも一度交換している上、今回で2度目となる電源ユニットのもろさ、、。

それだけにこれまで使ってきたどのMacより多くの手間をかけたし、愛着も強い。

中身のHDD等は有効利用した上で筐体はこれまでのマシン同様にコレクションとしてとっておこう。
posted by NOM at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

遊べるiPod touch

ついにiPod touchを購入!

使って3週間が経過したが、これが思った以上に遊べて面白い。

今や1万を超えるアプリケーション「App」を追加することで様々なことができてしまう同機はもはやiPodというよりは「ハンディーMac」と呼んだ方がしっくりくる。

中でもお気に入りの「App」は「大辞林」「NumberKey」「産経新聞」。


「大辞林」は文字通りの辞書アプリ。
引いた言葉の説明文に分からない言葉があればその文字をドラッグすることでさらにそれを調べることができる操作性もさることながら、明朝体で書かれたテキストが見やすくて美しい。実用性、デザイン共に優れている。

「NumberKey」はtouchをMacのテンキーとして使用できるアプリ。
USBでMacと繋いでもよいが無線のAirMacを介しても使えるのでMacBookのお供に最適。

「産経新聞」はつい先日発表されたばかりの無料アプリでtouch,iPhoneユーザーを広く驚かせた「App」。
何せこれを入れてしまえば産経新聞が毎日無料で読めてしまう!
しかも、その日の朝刊データの配信は朝5時からなので出かけ前にこれをWiFi環境下で起動して3分程度置いてダウンロードしておけば以後いつでもすべてのページを読むことができる。
拡大縮小にピンチ(2本指を広げたり狭めたりする操作)やタップ(画面のタッチ操作)で直感的なスムース操作も心地よい。
ただ、現状読んでいる途中でアプリが落ちてしまうことも多い感はある、、。


これ以外にもタッチ操作と加速度センサをうまく利用したゲームやジョークアプリなどいろいろと入れて楽しんでいる。


touch_mn.jpg
touch_ss.jpg

posted by NOM at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

ATOK2008 for Mac

Mac標準の日本語変換「ことえり」は相変わらずおバカさん。

ちょっとした文章を書く分には我慢できるが、長文となるとあまりの変換効率の悪さにストレスがたまる、、。(-.-;)

何より読めない漢字入力に必須の「手書き入力」機能がないのもネック。


今年初めにこれまでずっと使ってきた「EGBridge」のエルゴ社が販売終了して以来、唯一の選択肢となった「ATOK」を買おうか…とずっと迷っていが今月の新バージョン発売を受けて導入を決意した。

お得な数量限定Mac+Winパック。

導入一週間でまだまだ使いこなす段階までいっていないが、おりこうになったMy Mac。使っていて心地いい〜。(^。^)


posted by NOM at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

MacBookのツインモニタ化

0022.jpg

MacBookを購入してひと月ほど経過。

使い勝手向上のための無線化にひきつづきツインモニタ化を実施。

MacBookには外部モニタへの出力用に「miniDVI端子」がついているので別売りの「mini DVI-DVIアダプタ」か「miniDVI-VGAアダプタ」をつければそれだけでツインモニタ化が可能(もちろんモニタケーブルも必要)。

デスクトップのG4 MDDをつないでいるナナオの19インチのアナログ端子が空いているのでここにMacBookをつなぐことに。

なので後者の「VGAアダプタ」と「VGA15ピン オス‐オスケーブル」を購入して接続。
MacOS、WinXPともにそれぞれのモニタ設定で簡単にツイン設定ができた。
(上画像はWinXP)

最近、オンデマンド講座講習をはじめたので片方の画面で講座映像を流しながら片画面で実習の使い勝手も快適!
今後はイラレやフォトショップのツールバーや各種コントロールウィンドウと作業画面の使い分け作業にも威力を発揮してくれそうだ。



posted by NOM at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

MacBookで無線LAN

MacBookには無線子機のAirMacが内蔵されている。
せっかくだからインターネットの無線化を検討してみることにした。


ついこの間までは無線LANなんて必要ないし、速度も光の有線には劣るからと興味がなかったが、今回MacBookを買ってしばらく、ネットをやるのに有線のルーターからいちいちイーサネットケーブルをひっぱって…なんてことを繰り返しているとなんだか面倒くさくなってきた。


さらに、試しにAirMacをオンにしてみたところ何故かネットに繋がってしまう事態が…。
そう、どうやら近所の電波を拾っていたようで、それも不安定なものの2〜多いときは6つくらい拾ってることが判明。

ということは実家と離れの自分の部屋の近さなら間違いなくもっと強い電波で飛ばせるはず!
と、早速仕事帰りにアキバヨドバシで安売りしていたMacにも対応のバッファローの無線ルーターを買ってとりつけた。


大きな紙一枚表裏のセットアップ説明書を見つつMac、ブートキャンプのWinXPともに設定完了。
つけ始めたころはWin側で度々断線していたが、トラブルシューティングで調べて設定をちょっと変えたら安定して繋がるようになった。


スピードテストを行ったところMac,Win両方とも安定的に下りで30〜38Mbpsが出ていた。
ちなみに有線の場合70~78Mbpsと倍ほどの差はあるが、全く気にならない。

コンクリート壁等を挟んだ距離差10m程度の実家のリビングでも電波の強さはほとんど落ちずにヤフー動画のパリーグ中継が問題なく視聴できた。

これなら実家側のCATVのネット契約を切っても良さそうだ。
何よりどこでもネット環境は思った以上に快適なことが分かった。



posted by NOM at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

MacBook

mbokwin0803b.jpg

4年振りにパソコンを購入。
もちろんMac!

買ったのは「MacBook 白』の上モデル。

『MacBook』の基本スペックは3種あるが、白の下モデルだとDVDが焼けないコンボドライブになってしまうし、白の上の黒モデルとの差はデザインとHDDの容量90GB差で+25,000円…ということでコストパフォーマンス的にもちょうど良いかなという思いでこれにした。

割引のききにくいMacだけにどこで購入しようかと一応「価格コム」で調べてみると最安値近辺でだいたい-15,000円の値が!
その中で最安値ではないがショップ評価の高い店で買いました。

注文は夜中にネットで行い、そのままネットバンクで振込み完了。
翌日帰宅してメールチェックすると、もう「商品発送」の通知が来ており、その翌日には商品が到着していた。



今回が初「Intel Mac」ということで次の目的はWindowsのインストール。

「Vista」か「XP」か「Vista」だったらどれにするか…と散々悩んだあげく、現状での実用性を考慮して「XP pro」に。
これもちょうどタイミング良く「act 2」からメモリとセットにすることで安価な「DSP版」のWinOSパッケージが発売されたばかりでこれを購入し、今日早速インストールしてみた。

事前に予習していた通り、アプリケション/ユーテリティ内にある「Boot Campアシスタント」を起動し「インストールと設定ガイドをプリント」ボタンを押してこれをプリントせずにPDFに書き出して確認してみると何故か英語表記?
アップルのホームページで確認してみるとどうやらこれが正く今のところ日本語の解説はないらしい、、もうやだ〜(悲しい顔)

なのでこれには頼らず、手順通りにやれば大丈夫だろうと進めることにした。

とりあえずXPのインストールディスクを入れスタート。

順調に事は進むも最初の関門。
キーボードの設定で日本語のものを選ぶ場合は「半角/全角」ボタンを押すことになっているがMacのキーボードなのでこれがない、、。
「英数」や「かな」「コマンド+スペース」を押したりしてみるも無反応…。

ネットで解決法を調べると、なんともあっさり解決。
その他の選択肢「S」キーを押したのちの選択で「日本語キーボード」を選べば良いとのこと。

以降順調に作業は進み、無事インストール完了!
で、再起動されXPが立ち上がる…はずが…。

ディスクエラー…なんたらかんたら…のメッセージで何の操作も受付けてくれず、、。
早速これもネットで検索してみると、Win領域に割り当てたHDのスペースをWin用にフォーマットしていない場合に出る症状とのこと。

XPのインストール先のパーティション領域を選択した次の画面でWIN用にフォーマット(6つある選択肢の上4つのいづれか選択)をすれば良いとのことでFAT形式のクイックを選択した。

後は無事XPインストールが完了し、XPの設定を終え、「Mac OSX Leopard」のインストールディスク1を挿入して必要な機能を自動追加。

これで右クリック操作もできるようになった(トラックパッドではパット上に2本指を置いたままクリック)。

とりあえずこれでMac/Winのデュアル環境ができた。






posted by NOM at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

ipod shuffle購入

shuff_nom_mac.png

1GBのshuffleが¥5,800に値下がったことを知って買ってみた。

この冬の不摂生でさらに増した体重をなんとかしなきゃなってことで歩いたり、走ったりのトレーニングのお伴に音楽をとの理由で。

普段使っている第5世代のiPod30GBはHDタイプだから振動にはよろしくないから、nanoかshuffleが欲しいなぁと思っていたし。

買ってみてやっぱり小さいなぁというのが実感。
前モデルのスティックshuffle持ってたときも小ささに感動したけど今回はさらに小さい。
おまけにこのクリップ形状がそのまま身に付けるから便利。

容量も1GBあれば200曲は軽く入るから必要十分。
トレーニング時のみならず薄着になるこれからの季節にはshuffleが活躍してくれそうだ。


posted by NOM at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

お世話になりました。EGシリーズ

昨日、エルゴソフト社から手紙が来ていた。
バージョンアップの知らせかと思ったが、ソフトの販売を終了するとの知らせ。

エルゴソフトといえばMacユーザーにとってはずっと馴染みのソフト会社。
OSX以前、Macでワープロソフトといえば、クラリスワークスかエルゴのEG Wordか(MSのWordは敵対視… w)。

おバカなMac標準の日本語変換IM「ことえり」に嫌気がさしたら「ATOK」かエルゴの「EG Bridge」かと分かれるところ。

僕はたまたま最初にEGを選択したことでそれ以降これのバージョンアップを繰り返してきた。

ついこの前、MacOS10.5レパードの「ことえり」にも不満を感じてEGのお試しをしたのちにパッケージ版を買いに秋葉のショップを何件か回ってみるもどこにもこれが置いていなかった。

これも次期バーションの発売直前なのだろうと思っていただけに…。
軽くショックを受けた。

手紙に「Mac OSXの日本語環境の成熟…」とあったが、いやいや、まだまだでしょう…。
どうせならアップルジャパンがエルゴを吸収して標準でEG Bridge並の変換環境を取り入れてくれればと思うのだけど、、。

とにかくもこれまで随分お世話になりました。
ちなみに、10.4と9環境では使用中なので10.4のものを10.5に移して使ってみることも検討してみようか。

エルゴソフトHP
http://www.ergo.co.jp/
posted by NOM at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

"Leopard" on G4 MDD

pic1.jpg


Mac OS 10.5 通称"Leopard (レパード)"が先月発売された。
これが発売されてちょっとしたらインテルMacへの買い替えを検討していたが、どうやら現機Mac G4 Dual 1.25G(Mac MDD)でも充分動くことが分かり思いとどまった。

何せ今だ仕事でOS 9を使う機会も多い。
これが単独で起動できる最終にして最強の同機には愛着もある。

というわけで、買い替えをする代わりにMDDのスペックアップをすることにした。
デフォルトのHDD 80GBも残り5GB程度になっていたので、320GB 内蔵HDDを追加購入。

RAM 768MBはここまで OS10.4(Tiger)でも所々負荷を感じる場面があっただけに1GBを購入し1.76GBにした。


これらを増設して準備完了。
レパードは、増設したHDDに新規インストール。
ここまでストレスなく、という以上に若干快適に稼働している感じ。

これでこのマシンにはOS10.5、10.4、9.2の3つが同居している状態。

普段のネットサーフィン、iTunesなどには10.5を。
AdobeCS2等これまでのOSX向け作業用に10.4。
Illstrator9.0やMacromedia MX関連使用に9.2と使い分けしてゆく。

今のところ、TigerとLeopardの違いを実感できないでいるがそれも「Time Machine」や
Windows起動の為の「Boot Camp」の恩恵に触れられていいないが為か…。

まぁいい。
新OSでもMDDがしっかり動くことが確認。
これでこのマシンの寿命も2〜3年は伸びたわーい(嬉しい顔)



posted by NOM at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ツイン化

m_v_tw.jpg


初めてのWin機、VAIOを1年前に買ってからこれまでは画像左のナナオの17インチのデジタル、アナログ切替で対処してきた。
DTP作業メインのMac機とネットメインのWin機。
「ながら作業」の多い僕にとってモニタは別にあった方が使い勝手が良いよなぁと最近強く思い始めていた。

例えばオンライン講座をWin機で見ながらより詳しく知りたい用語をMacでその場検索してみたり。
特にこれからプロ野球シーズンが始まるとネット中継を横に見ながらMac作業ができるなど。

で、この1週間で下調べした上で今日、三菱製の19インチを購入した。
予算の関係上コストパフォーマンス的にこのあたりかなということで。

ちなみに今、これを書きながら横で「Gyao」の映画を見ているが使い勝手は良さげ。晴れ

posted by NOM at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

MacのDVDドライブ交換

KIF_1639.JPG

暮れにマイMac(G4 MDD)のDVDドライブが壊れた。
CDでもDVDでも挿入するとすぐに吐き出されてしまう。CD
この症例をネットで調べたところ、レーザー部のピックアップレンズの不良の可能性が高く、うまくゆけばディスククリーナーで掃除すれば戻る場合もあるというexclamation

ということで試してみたところ吐き出さなくはなったが、ディスクを認識してくれてない。もうやだ〜(悲しい顔)

なので、あきらめてドライブを交換することにした。
Mac本体周り品を買う時にまずチェックする「秋葉館」。
ここで内蔵タイプのものが6千円であったのでそれを購入。

取り付け方法はホームページで動画解説していたので難なく作業完了。
読み込みと書き出しテストも決定

昨年の夏に引き続いての本体故障。
まだまだ現役で頑張ってもらわにゃ…手(グー)

(画像左の白ドライブが取り付けたもの、右の黒が壊れたもの)

posted by NOM at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

AdobeCS2.3購入

いずれは買わねばとずーっと思っていたCSをついに購入した。

まずPhotoShopが欲しかった。
IllustratorもMacOS9ではなくそろそろ10環境で作業したいと思っていた。
組版作業もOS9時代のQuarkから10環境ではIndesignに移行してきてるからそれも習得したいし…って理由もあって。

さらに今回、CS2.0から2.3へのバージョンアップにより先に買収したmacromedia製品のホームページ作成ソフトDreamweaver8.0も標準で同胞されるようになった。

こちらは今使っているMXから2バージョンあがったものだが、使い勝手が結構向上しているらしい。
これからWEB作成に本腰を入れるにあたってこちらもOSX化をもくろんでいただけにまさにグッドタイミング!

今後しばらくはこのDreamWeaverとPhotoshopの新機能面を中心に勉強してゆくつもり。
Indesignはそれが落ち着いてからゆっくり挑もう。
posted by NOM at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

iPod購入

Image020.jpg

今週発表発売されたiPodnanoは、以前ブレイクのきっかけともなったiPod miniのミニチュアみたい…。
ビックカメラではこれらが本日入荷されたばかりだったようでビック池袋本店では大々的に売込みを行い、その売場前は文字通り人でごったがえしていた。

ので、そのままパソコン館に移動。
Macフロアに行くと、もちろんここにも新nanoが展示されていたが打って変わって閑散としたものだった。
販売は上のポータブルオーディオプレーヤー売場なのでそちらへ移動。

で、買ったのはnanoではなく、iPod第5世代30GBモデル。
nanoの最上位8GBモデルと同じ価格で、動画とダウンロードゲームができるようになった目新しさも手伝って。

色は黒は指紋とか汚れが目立つな…と思ったけどやっぱり白よりモニターが栄えるので黒にした。

こちらも前商品よりモニターの明るさが60%アップしたということでマイナーバージョンアップ。

以前、第3世代を1年ちょい前まで使っていたがそれから比べたらこれも充分に小さい。
画面はひとつだけiTMSで購入していたミュージックビデオを見たがきれいだった。普通のメニュー画面もモノクロだったころに比べて格段に見やすくなった。
アクオス携帯のワンセグ画面と遜色ないくらいか。

これで久しぶりにマイミュージックコレクションを全て持ち歩き、その時の気分に合った音楽を聴くことができる。

posted by NOM at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

Mac帰還

一昨日、修理に出していたMacが帰ってきた。
出してからちょうど2週間での帰還。

先週始めから半ばにネットで修理状況を調べたときには「部品取寄せ中」とあり、部品くらいこっちである程度もっておけよ〜と相変わらずの殿様商売的アップルのサポート体制の弱さに不満を感じた、、。

修理結果は「パワーサプライの交換」。
結局それだったか、、分かってたら部品取寄せで安く済んだのにとも思ったが仕方ない。

posted by NOM at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

Mac壊れる

マイMacが壊れた。
2年前の生産終了直前に慌てて購入したOS9起動の最終型、PowerMacG4 MDD。

先週火曜朝、電源を入れようとボタンを押すも無反応…。
強く押してもダメ。
前夜まで何事もなく動いていたのに、、。

帰宅してコードや差込口を変えたりいろいろ試してみたがダメ。
やはり本体側の故障のようだ。

ネットで調べてみるとこの場合、電源ユニットの問題である可能性が高いことが分かった。
アップルのサポートページを見ると、部品だけ取り寄せて自ら交換するプランがあるという。
これなら安上がりだな、、。
そう思ってサポートセンターに電話して聞いてみた。

すると思っていた以上にこの部品、安いものでなくこれが原因でなくても買取なのでもちろん返金もないからと引取修理を勧められた。
修理代51450円也。

んー、安くない…。
が、リスクと手間を考えたら、、ってことでやむなく修理を申し込んだ。
昨日、宅配業者が引き取っていった。
修理にはだいたい1週間程度かかるということだ。

posted by NOM at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。