2007年09月03日

「くら寿司」に感動

週末、6歳になる姪が遊びにやって来た。

夕食は何がいい?と聞くと「回転寿司!」との答え。
姪の親である弟が「ここいら辺なら「くら寿司」がいいよ。予約もできるし」と言うのでネットで検索。早速、携帯で会員登録して最寄りの店舗を夜7:15に予約した。
正直、予約しなくても少しくらい待てば大丈夫だろって気持ちでいたが、一応しとくかくらいののりで。

時間少し前に店に到着すると店内どころか店前にも待つ人の姿が、、。
駐車場に入ろうとすると警備員が「40分待ち!」と駐車そのものも断らん勢いで言ってきたので、「予約しているんですけど」と言うと「では、どうぞどうぞ」と。
店内に入ると本当たくさんのひとだかり。

入口の電子予約表には10組以上の待ち状態。その一番上に予約済みの自分の名前があっり、時間になるとすぐに名前が呼ばれ、なんだかVIP待遇されてるかの如くずっと待ち続けている人を尻目に席に案内された。


「くら寿司」はちょっと前にここを経営するクラ・コーポレーション社長が出演したテレ東「カンブリア宮殿」を見てなんだかいろいろオートメーション化ですごいなぁ。なんて感心したばかりだった。

しゃりにぎりのロボット化、タッチパネルでの注文はもちろん、皿にICチップを埋め込み30分レーンを回った皿は自動的に廃棄回収されるシステムや何台ものカメラで本社から各店舗の遠隔チェックなど。

さらに安くて安全。
一皿すべて100円で四大添加物不使用。
ネタの種類ももちろん豊富。

何より面白いと思ったのが食べた皿は客自らがテーブル備え付けの皿投入口へその都度放り込んでゆき、5皿毎にテーブルの液晶画面でゲームが始まり、当たれば上かくら寿司オリジナルキャラの携帯ストラップ入りガシャポンが落ちてくる。

これは遊び心があって子供も喜ぶ。
客はテーブルの無駄な皿が片づいて良い。
皿回収の手間が省ける上に皿が客席に停滞することなく調理場に戻されるから無駄なストックも減る。
まさにナイスアイデア。

便利で、安くて、美味しくて、安全で、楽しめる要素が兼ね備わった回転寿司店だなという感想。
どうせ行くなら…となるのもうなずける。

posted by NOM at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

くら寿司
Excerpt: くら寿司|設立 = 1995年11月1日|本社所在地 = 大阪府堺市中区深阪1035-2|代表者 = 田中邦彦 (代表取締役社長)|業種 = 小売業|事業内容 = ..
Weblog: もえのブログ
Tracked: 2007-10-16 06:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。