2009年06月13日

最近の読書本 0906-2『遊戯』

藤原伊織さんが一昨年亡くなったことで連載がストップしてしまった未完の作品。

伊織さんならではの広告業界の話が絡むことはお約束。

謎の男の正体が結局分からずじまい。

これまでのストーリーを元にイマジネーションを働かせてゆかねばならない。

★★★☆☆



posted by NOM at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

DTPエキスパート更新試験合格!

遅ればせながら先週半ばに合格通知と新しい認証カードが届いた。

平均点より−1点で合格。

まぁ受かればそれで良い。

posted by NOM at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

最近の読書本 0906-1『1Q84』

発売前から話題の村上春樹さんの長編作品。

スポーツジムのインストラクターをしつつある裏の仕事をする長身の女性「青空」と、予備校の数学講師をしながら小説を書いている「天吾」(彼も長身、筋肉質)の話が交互に語られる。

この一見、全く関係のない話がやがて収束してゆくスタイルは過去の氏の作品「海辺のカフカ」や「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」に見られたものだ。


「青豆」はある日、(裏の)仕事に向かうタクシーで渋滞に巻き込まれたことからとった行動により一見、普通の世界でありながらもどこか違和感を感じる「月がふたつある世界」に紛れ込む。


「天吾」は知り合い編集者からの依頼で受けた小説新人賞候補の下読みで、なんとも奇妙に惹かれる作品に出会い、流れでこの小説の手直しをすることになり、この原作者である17歳女子高生「ふかえり」と出会う。


これらがきっかけとなり、二人はやがて不思議なトラブルに巻き込まれてゆく…。

★★★★☆





↓ ネタバレ感想
posted by NOM at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。