2008年04月29日

MacBookのツインモニタ化

0022.jpg

MacBookを購入してひと月ほど経過。

使い勝手向上のための無線化にひきつづきツインモニタ化を実施。

MacBookには外部モニタへの出力用に「miniDVI端子」がついているので別売りの「mini DVI-DVIアダプタ」か「miniDVI-VGAアダプタ」をつければそれだけでツインモニタ化が可能(もちろんモニタケーブルも必要)。

デスクトップのG4 MDDをつないでいるナナオの19インチのアナログ端子が空いているのでここにMacBookをつなぐことに。

なので後者の「VGAアダプタ」と「VGA15ピン オス‐オスケーブル」を購入して接続。
MacOS、WinXPともにそれぞれのモニタ設定で簡単にツイン設定ができた。
(上画像はWinXP)

最近、オンデマンド講座講習をはじめたので片方の画面で講座映像を流しながら片画面で実習の使い勝手も快適!
今後はイラレやフォトショップのツールバーや各種コントロールウィンドウと作業画面の使い分け作業にも威力を発揮してくれそうだ。



posted by NOM at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

最近の読書本 0804-3

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 私が彼を殺した (講談社文庫)
[著者] 東野 圭吾
[種類] 文庫
[発売日] 2002-03
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


ここ半年、東野作品に偏っているのであえて避けるように心がけていたのだが、この本を店でみつけて読まずにはいられなくなってしまった。

少し前に読んだ「どちらかが彼女を殺した」の続編的な作品。
今回は容疑者が3人に。

今回も読書後、犯人究明に挑んだがギブアップ、、。
止むなく後ろの袋とじを開けてヒントをもらってようやく解決。
へー、ああ!なるほどねぇ…と納得。

前より難易度上がってるだけによーーく読まないと真相解明には至らない。
星4つ。
★★★★☆

ネタばれ感想↓
posted by NOM at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

NOMO メジャー復活登板!



また、あの勇姿が見れてうれしい!
ただ、球速、球威はさすがに…。

巧みなコントロールと組み立てで投げるベテランピッチングを期待してます!

posted by NOM at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

最近の読書本 0804-2

ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)
[著者] 石田 衣良
[種類] 文庫
[発売日] 2008-03-07
[出版社] 徳間書店

>>Seesaa ショッピングで買う


衣良さんのSF作品。

脳腫瘍の末期で余命わずかの主人公が荒廃した200年後の未来と今を意識だけタイムスリップ!
ウィルス兵器の使用で汚染され、地上に生身で生活することを許されなくなったその未来で人々は生活階級を持った上下関係の中、上層部の人間が居住する地上2,000mにも及ぶ「青い塔」。塔に住むことを許されない貧しい下層民。

絶望と歪みの世界で主人公は伝説の救世主「嘘つき王子」となるのか?


面白かった!星3つ!
★★★☆☆
posted by NOM at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

MacBookで無線LAN

MacBookには無線子機のAirMacが内蔵されている。
せっかくだからインターネットの無線化を検討してみることにした。


ついこの間までは無線LANなんて必要ないし、速度も光の有線には劣るからと興味がなかったが、今回MacBookを買ってしばらく、ネットをやるのに有線のルーターからいちいちイーサネットケーブルをひっぱって…なんてことを繰り返しているとなんだか面倒くさくなってきた。


さらに、試しにAirMacをオンにしてみたところ何故かネットに繋がってしまう事態が…。
そう、どうやら近所の電波を拾っていたようで、それも不安定なものの2〜多いときは6つくらい拾ってることが判明。

ということは実家と離れの自分の部屋の近さなら間違いなくもっと強い電波で飛ばせるはず!
と、早速仕事帰りにアキバヨドバシで安売りしていたMacにも対応のバッファローの無線ルーターを買ってとりつけた。


大きな紙一枚表裏のセットアップ説明書を見つつMac、ブートキャンプのWinXPともに設定完了。
つけ始めたころはWin側で度々断線していたが、トラブルシューティングで調べて設定をちょっと変えたら安定して繋がるようになった。


スピードテストを行ったところMac,Win両方とも安定的に下りで30〜38Mbpsが出ていた。
ちなみに有線の場合70~78Mbpsと倍ほどの差はあるが、全く気にならない。

コンクリート壁等を挟んだ距離差10m程度の実家のリビングでも電波の強さはほとんど落ちずにヤフー動画のパリーグ中継が問題なく視聴できた。

これなら実家側のCATVのネット契約を切っても良さそうだ。
何よりどこでもネット環境は思った以上に快適なことが分かった。



posted by NOM at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

最近の読書本 0804-1

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
[著者] 東野 圭吾
[種類] 文庫
[発売日] 1999-05
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


またしても東野さん…。

この本を手に取ると文庫本なのになぜか後ろに袋とじが!
「推理の手引き<袋とじ解説>」となっている。

要はネタばれ解説なんだろと思いつつ読書を進める。

妹が自殺を装って殺された事件を究明しようとする兄(警察官)。
容疑者は親友の佳世子と元恋人の潤一の二人に絞られた。

そして、このどちらが犯人か!?
ということで当然のように徐々に真相解明されてゆくのだけれど…。

東野氏のまたも斬新なスタイルの小説。
こういう趣向は初めてで面白かった。
星5つ!!
★★★★★


ちょっとネタばれ感想↓
posted by NOM at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。